〔衝撃〕失恋したあなたに!辛い今を乗り越えるためやるべきこと!

スポンサーリンク
恋愛

失恋したとき、思いを告げられなかったとき。

人は好きな人を諦めようと、忘れようとします。

けれど、それはそう簡単に出来ることではありませんよね。

そんな失恋から立ち直れないあなたに、今後やるべきことを紹介します。

諦める前に考える

最初に考えて欲しいことがあります。

 

それは、本当にその恋は諦めなくてはいけないのかということ。

振られたから、思いを伝えられなかったから、相手に恋人がいたから。
そうやって諦めようとしてる人多いんではないでしょうか?

ですが、本当に一緒にいたいと思うのであれば、諦めなくても良いと思いますよ。

 

人というのは、一途に好きでいてくれる人に惹かれる生き物です。

諦めずアプローチさえしつづければ、1年後、2年後振り向いてもらえるかもしれません。

あなたが本気にさえなれば出来ることなんていくらでもあります

 

ですが、注意して欲しいのは自己中心的になってアプローチしてはいけないということ。
常に好きな人の立場となって考えることです。

迷惑をかけては絶対にいけません

諦めないと決意した場合、長い年月をかける気持ちで望むことが大切です。

忘れることを決意したあなたに

相手のことを考えた結果や、このまま好きでいるのは辛すぎると思ったとき。

好きな人を忘れなくてはと思いますよね。

一番辛い時期だと思います。
中には死んでしまいたいくらい絶望の淵にいる人もいるかもしれません。

 

ですが安心してください

その恋は絶対今後に繋がる恋です。

 

今は絶望だったとしても、この先あなたが今まで生きてきた以上に人生は長く続いていきます

まだまだ無限大の可能性を秘めていますからね。

 

そんなあなたが少しでも早く立ち直り、輝けるようになるために今やるべき行動を5つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

立ち直るためにするべき行動

1.たくさん泣く

まずはたくさん泣きましょう。

好きな人とのことを思い出したり、失恋ソングを聴いたり映画を見るなんかでも良いです。

 

泣くという行為はとにかく気持ちをスッキリさせてくれる効果があります。

そのため、辛い人ほど我慢せずに泣くことが大切です。

2.思い出をどうするか決める

よく好きな人との思い出はすぐ全部捨てろといいますが、これはどっちでも良いです。

なぜなら、捨てても捨てなくてもどのみち好きな人のことは思い出してしまうからです。

そのため、今捨てるか後で捨てるかだけ決めちゃいましょう。

 

捨てられなかった場合は、あなたが立ち直れたと思ったときや、新しい恋をしたときに捨てれば大丈夫です。

残しておいたままは、恋人が出来たとき相手に失礼になるのでNGです。

3.聞いてくれる人に話す

家族でも、友人でも誰でも良いです。

しっかりとあなたの話を聞いてくれる人に全部話しましょう。

 

聞いてもらうだけで、気持ちが整理され落ち着きます

また、SNSを利用し匿名で吐き出すだけでも楽になるのでおすすめです。

4.趣味に熱中する

恋人がいないというのは、全て自分の時間にすることが出来るということでもあります。

何か趣味がある人は、思いっきり熱中するのも良いと思います。

 

そうすることで、好きだった人のことを考える時間も減り前向きになれます。

また、趣味が特にないという人も、この時間を使ってやりたいことを探してみたり挑戦してみることもおすすめです。

5.異性と出会う

好きな人を忘れようと思ったとき、一番効果的なのは好きな人を作ることです。

 

そうは言われても、今はそんな気持ちになれないって方も多いと思います。

ですが、そんな人にこそ出会いは大切なのです。

別に好きな人や恋人を今すぐ作る必要はありません
ただ、いろんな異性と知り合うことが大切なんです。

なぜなら、そうすることで気を紛らわすことができ、気持ちが落ち着きます。
また、何より異性の考え方なども学べるので次の恋愛に繋げやすくなります

 

その中でもし気になる人が出来たら、アプローチしてみれば良いのです。

けれど出会いなんてどうすればという方は、ぜひこちらの記事を参考にしみてください。

恋人が出来ない人必見!誰でも出来る出会いの場とは!
恋人を作ろうと思ったとき、まず出会いがなければいけませんよね。 ではどうやって出会うのか? 学校、会社、バイト、...

まとめ

今回は失恋後の行動について紹介いたしました。

もし、質問や意見がございましたらTwitterもやっているので、ぜひ気軽に連絡ください。

筆者:もて(@moteand1996)のTwitter

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました