Twitter運用1か月目!結果報告とアドバイス!

スポンサーリンク
もて日記

どうも。

もてぶろ運営者のもてです。

今日は、私がブログを始めるにあたって同時に始めたTwitterについてお話します。

元々私はTwitter大嫌いで、24歳にもかかわらず

リプって何?ツイートが呟くことだよね?

みたいな完全初心者でした。

ではまず、そんな私が1ヶ月Twitterと向き合った結果を報告致します。

1ヶ月目の結果報告

  • ツイート数 281
  • インプレッション 38,280
  • プロフィールへのアクセス2,658
  • フォロワー数 122

全体的に低い結果だったと思います。

というのも、最初の頃はほとんどツイートも出来ていませんでした。

 

ですが、少しずつTwitterの本質が分かってきました。

ではここからはTwitter運用するにあたって、やるべき事

またやらない方が良いと感じた事を紹介いたします。

良かったら参考にしてみてください。

やるべき事

プロフィール・アイコン変更

プロフィールアイコンは間違いなくこだわりを持つべきです。

  • どんな人なのか一目瞭然で分かるプロフィール
  • アイコン=名前が連想できるようになる

これが出来ると、とても強いです。

こんなことを言っておいて、私がまだまだ出来ていないので
早めに工夫を施します

とにかく価値のあるツイート

良く初心者の方で

ランチ食べます

など日常のツイートを呟く方がいますが、これはあまり意味がありません

何故なら、有名人が何食べてるのか気になる人はいますが一般人のランチに興味を持つ人はほとんどいないからです。

そのためもし、ランチのツイートするにも

どこどこのランチが格安で美味しかった!

○○クーポンが利用できるからとてもお得♪

など情報提供してあげる事が大切です。

また、自分の売り出したいことを発信することが大切です。

ブログをやっているのであれば、ブログ関係のツイートですね。

ツイートに困ったときは、自分のブログ記事から一部抜粋してツイートするのも良いと思います。

ハッシュタグ活用

ハッシュタグを付ける事はSNSにおいて大切です。

これを付ける付けないとでは、見られる回数が大きく変わります。

そしておすすめ活用法は以下3つのタグをつける事です。

3つのハッシュタグ
  • みんなが検索する 例 #恋愛
  • 一部の人が検索する 例 #モテる
  • 特定の人だけが検索する 例 #モテる秘訣

このように使い分けると時間がたった後でも、見てもらえる確率が上がるのでおすすめです。

リプライ・いいね

わざわざリプライをくれた人には、リプライいいねをしましょう。

そうすることによってより深い関係を築くことが出来ます。

最初のうちからフォローしてくれている人は大切にしましょう。

自分の意見を加えてリツイート

インフルエンサーや自分の気に入ったツイートがあったら、自分の意見を加えてリツイートしましょう。

そうすれば見てもらえる確率が上がりますし、意見が混ざっているためあなた自身のツイートとして価値が生まれます

やらない方が良いこと

ツイートを沢山みる

ツイートを沢山見る事はおすすめしません。

Twitterというのは毎日ものすごい多くのツイートが投稿されています。

これらの中には自分にとって有益な情報もありますが、見ていたらとにかく時間を奪われます

また、人の意見に惑わされ自分の中の軸が悪い方向にぶれる危険もあります。

そのため基本は発信することをメインにし、情報収集は別のとこでしたほうが良いです。

数字を増やすことが目的なる

フォロワー数やいいねが沢山もらえると嬉しい気持ちはとても分かります。

だからといって

  • 相互フォロー
  • いいね稼ぎ

などに参加しても意味がありません。

とにかく今はフォローしてくれる一人一人を大切にしましょう。

ネガティブなツイート

ネガティブな発言や、否定的なツイートは控えましょう。

確かに愚痴をこぼしたくなることや、共感してほしい気持ちは分かりますが、これらのツイートがプラスになることはまずありません

何故なら例えバズッたとしても、そこから集まる人はネガティブな思考を持った人がほとんどです。

そのため彼らを維持しようと思ったら、同じようにネガティブなツイートをしなくてはいけなくなります

そうなると前向きな発信がし辛くなります。

結果、成長が遅れてしまう恐れがあるのでおすすめしません。

まとめ

実績も何もない私のTwitter報告でした。

今回紹介したアドバイスを元に私自身、また今後もTwitter運用していくので、結果どうなるかぜひまた来月確認してもらえたら嬉しいです。

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました